コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新山退甫 にいやま たいほ

1件 の用語解説(新山退甫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

新山退甫

江戸中期の観相家。仙台藩士佐藤常香の子。名は退、退甫は字、号を六足翁・天橋窟主人。江戸に移り新山を称する。京都を経て大坂に住む。幼少より骨相を能く見、名を知られた。安永4年(1775)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新山退甫の関連キーワード山相家常香常香盤人相見佐藤成充佐藤由理子石竜子(初代)戸板養碩中村白翁

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone