コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新島八重(1845―1932)

1件 の用語解説(新島八重(1845―1932)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新島八重(1845―1932)

同志社の創設者、新島襄の妻。会津藩砲術師範の家に生まれ、戊辰戦争の際、男装で銃を持って新政府軍と戦い、「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた。襄が40代で急逝した後は、篤志看護婦として日清・日露戦争に従軍した。

(2013-02-14 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新島八重(1845―1932)の関連キーワード小崎弘道同志社大学同志社女子大学八重の桜麻生正蔵井上浦造新島八重子牧野虎次山本覚馬湯浅治郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone