コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新幹線の地震対策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新幹線の地震対策

もともと1923年の関東大震災(M7・9)に耐えられるよう建設された。しかし、95年の阪神大震災(M7・3)で山陽新幹線の比較的低い高架が落下したため、東海道区間に約3万6千本ある高架橋の柱のうち約2万本に鉄板や鉄筋コンクリートを巻きつけて補強。揺れを早期に検知するシステムや代替の総合指令所も整備した。

(2010-04-17 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新幹線の地震対策の関連情報