コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄[村] しんじょう

1件 の用語解説(新庄[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょう【新庄[村]】

岡山県北部,真庭郡の村。人口1101(1995)。旭川の支流新庄川最上流域に位置し,村域の大部分は中国山地脊梁部の山地である。中心集落の新庄は出雲街道(現,国道181号線)沿いの宿場町で,古くから新庄牛の集散地として栄えた。かつてはたたら製鉄が盛んで,鍛冶屋の字名が残る。製鉄用の薪炭を切り出した後のはげ山に牛が放牧され,また近年まで刈田放牧が行われた。林業が盛んで,肉牛飼育や酪農,シイタケ・野菜などの栽培が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新庄[村]の関連キーワード神庭の滝美作真庭市岩出真庭蒜山高原風の家醍醐の里メルヘンの里 新庄真庭鶴

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone