コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新待賢門院(1) しんたいけんもんいん

1件 の用語解説(新待賢門院(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新待賢門院(1) しんたいけんもんいん

1803-1856 江戸時代後期,孝明(こうめい)天皇の生母。
享和3年11月1日生まれ。正親町(おおぎまち)実光の娘。文政3年(1820)仁孝(にんこう)天皇の後宮にはいり,典侍となる。孝明天皇のほか2皇子,1皇女をもうけ,藤大納言と称した。嘉永(かえい)3年准三宮(じゅさんぐう)となり,院号をうけた。后妃制度上,最後の女院。安政3年7月6日死去。54歳。名は雅子(なおこ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新待賢門院(1)の関連キーワード浅井寥和石垣抱真今枝夢梅古満六右衛門佐々木晴洲百々広年松橋江城村上玄治