コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新日本製鉄大分製鉄所

1件 の用語解説(新日本製鉄大分製鉄所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新日本製鉄大分製鉄所

1971年に稼働し、原料の荷揚げから製鋼、製品出荷までを担う。原料を荷揚げする桟橋は水深30メートルあり、30万トン級の貨物船が着岸できる。2009年度の粗鋼生産量は760万トン。毎年4月の第1日曜には、ふれあい祭りを開き、工場を一般開放している。

(2010-10-10 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新日本製鉄大分製鉄所の関連キーワードアイドルタイム/アイドルコスト揚げ滓河岸揚げ荷揚げ物揚げ場焼酎の種類神戸製鉄所の高炉神流川発電所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone