コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新期造山帯 しんきぞうざんたい

大辞林 第三版の解説

しんきぞうざんたい【新期造山帯】

中生代から新生代第三紀にかけての造山運動で形成された山地の分布する地帯。一般に山地の高度が高く、地震帯と火山帯の分布とほぼ一致する。アルプス-ヒマラヤ造山帯と環太平洋造山帯がこれに属する。新期褶曲しゆうきよく山脈。 → 古期造山帯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新期造山帯の関連キーワード大カフカス山脈環太平洋造山帯平野(へいや)スンダ[列島]モロッコ(国)ヒマラヤ造山帯バルカン半島中央アメリカヨーロッパパキスタン南アメリカ吐か喇列島古期造山帯南極半島バンダ海エーゲ海アメリカアルプス残積土カナダ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android