コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県・新潟市公害健康被害認定審査会

1件 の用語解説(新潟県・新潟市公害健康被害認定審査会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新潟県・新潟市公害健康被害認定審査会

1969年に県と新潟市が設置。神経内科脳神経外科、内科など新潟水俣病に関連する分野の医師らで構成し、申請者が新潟水俣病かどうかを判定する。審査会が出す答申をもとに知事または同市長が認定する。認定された人に対しては、原因企業の昭和電工から補償費や医療費が支給される。審査会は77年に旧環境庁が示した「手足の感覚障害に加え、視野が狭くなるなどの複数の症状の組み合わせが必要」とする基準を用いている。患者団体などは、04年の関西訴訟最高裁判決が示した「一つの症状でも損害賠償の対象となりうる」という新たな基準で判定するよう求めているが、審査会は法定受託事務のため、依然として旧環境庁基準に基づいており、国と司法の判断が併存する「二重基準」が問題になっている。

(2007-12-20 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新潟県・新潟市公害健康被害認定審査会の関連キーワード冲中重雄内科新潟市北越神経内分泌系新潟市の官製談合事件水俣病認定審査会北九州八幡東病院椿忠雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone