新潟県三条市(読み)さんじょう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕三条〈市〉(さんじょう〈し〉)


新潟県のほぼ中央、越後平野南部に位置する市。
東南部で福島県に接する。中心地は信濃川五十嵐川合流点に広がる。2005年(平成17)5月、旧・三条市と南蒲原郡の下田村、栄町が合併して現在の姿となる。JR信越本線・弥彦線・上越新幹線北陸自動車道が通じる。中世から近世初期までは城下町。廃城後は市場町として発展。江戸時代中期に興った金物業は行商によって販路を拡大、一大生産地となる。現在も全国有数の金物産地で日用刃物、工匠用刃物などを産する。三条仏壇は国の伝統的工芸品に指定。稲作と畜産、果樹・野菜などの栽培が行われる。車麩(くるまふ)が特産品。福島県境一帯は越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園に属する。笠堀のカモシカ生息地は国指定天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潟県三条市の関連情報