コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県三条市 さんじょう〈し〉

1件 の用語解説(新潟県三条市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕三条〈市〉(さんじょう〈し〉)


新潟県のほぼ中央、越後平野南部に位置する市。
東南部で福島県に接する。中心地は信濃川と五十嵐川の合流点に広がる。2005年(平成17)5月、旧・三条市と南蒲原郡の下田村、栄町が合併して現在の姿となる。JR信越本線弥彦線上越新幹線北陸自動車道が通じる。中世から近世初期までは城下町。廃城後は市場町として発展。江戸時代中期に興った金物業は行商によって販路を拡大、一大生産地となる。現在も全国有数の金物産地で日用刃物、工匠用刃物などを産する。三条仏壇は国の伝統的工芸品に指定。稲作と畜産、果樹・野菜などの栽培が行われる。車麩(くるまふ)が特産品。福島県境一帯は越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園に属する。笠堀のカモシカ生息地は国指定天然記念物

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県三条市の関連情報