新潟県十日町市(読み)とおかまち〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕十日町〈市〉(とおかまち〈し〉)


新潟県南部の市。
信濃川流域の十日町盆地に位置する。2005年(平成17)4月、旧・十日町市と中魚沼郡の川西町、同中里村、東頸城(ひがしくびき)郡の松代町、同松之山町が合併して現在の姿となる。この合併により、東頸城郡は消滅。豪雪地帯で織物の町としても知られる。中心地は近世には小千谷縮(おぢやちぢみ)の集散地として発展。現在も国の伝統的工芸品に指定されている十日町絣(がすり)・十日町明石ちぢみなどの高級絹織物、和装工芸品生産が盛ん。電機などの工場もある。JR東日本千手発電所があり、首都圏のJR各線に電力を供給する。農業はコシヒカリの稲作のほか、野菜・キノコ・花卉(かき)栽培と畜産が盛ん。毎年2月の十日町雪まつりが有名。南東部にある清津川上流の清津峡と、釜川の渓谷田代の七ツ釜はともに国の名勝かつ天然記念物に指定。犬伏の松苧(まつお)神社本殿は国の重要文化財。清津峡温泉・松之山温泉が湧き、スキー場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潟県十日町市の関連情報