コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県妙高市 みょうこう〈し〉

1件 の用語解説(新潟県妙高市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕妙高〈市〉(みょうこう〈し〉)


新潟県南西部にある市。
2005年(平成17)4月、中頸城(なかくびき)郡の妙高高原町、妙高村と合併した新井市が即日改称して成立。市名の由来でもある妙高山が南西部にそびえ、その山麓の高原地帯から北部の高田平野にかけ市域が広がる。中央を関川が流れ日本海に向かう。JR信越本線・上信越自動車道が通じる。近世には北国街道の旧宿場町。笹ヶ峰高原がある。北部地域は1935年(昭和10)の大日本セルロイド(現・ダイセル化学工業)の工場進出以来、塩化ビニルなどの化学工業が発達。近年は精密機器・電子工業も盛ん。南部の妙高高原は上信越高原国立公園に属する観光地で、妙高温泉・赤倉温泉・池ノ平(いけのたいら)温泉・燕温泉・関温泉などが湧き、スキー場など観光施設が整う。斑尾山北麓の斑尾高原でもリゾート開発が進む。農業は稲作を中心にジャガイモトマトなどの野菜、ソバ・葉タバコなどを栽培する。酪農・畜産も盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県妙高市の関連情報