新潟県小千谷市(読み)おぢや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕小千谷〈市〉(おぢや〈し〉)


新潟県中央部の市。
越後平野南端の信濃川流域に位置する。近世から関東と越後を結ぶ三国(みくに)街道の宿場町、小千谷縮(ちぢみ)(国の重要無形文化財に指定)の生産地として発展。半導体・ファクシミリなどの電機・機械工業と米菓などの食品製造が主産業。小千谷縮の織物と錦鯉(にしきごい)、仏壇・花火が特産品。伝統行事牛の角突きは国の重要無形民俗文化財に指定。詩人・西脇順三郎(にしわきじゅんざぶろう)の出生地。2004年(平成16)10月に発生した新潟県中越地震では大きな被害を出し、特に錦鯉養殖業は大打撃を受けた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潟県小千谷市の関連情報