コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県新潟市 にいがた〈し〉

1件 の用語解説(新潟県新潟市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕新潟〈市〉(にいがた〈し〉)


新潟県北東部の市。
信濃川と阿賀野(あがの)川の河口部を占め、日本海に面する。県庁所在地で、県の行政・産業・文化の中心。1996年(平成8)4月より中核市。2001年1月、西蒲原(にしかんばら)郡の黒埼町を編入。2005年3月、新津市、白根市、豊栄市と、中蒲原郡の小須戸町、同横越町、亀田町、西蒲原郡の岩室村、同西川町、同味方村、同潟東村、同月潟村、同中之口村の12市町村を編入。同年10月、西蒲原郡の巻町を編入して現在の姿となる。2007年4月より政令指定都市へ移行、北・東・中央・江南(こうなん)・秋葉(あきは)・南・西・西蒲(にしかん)の8区による区制開始。中心部は江戸時代初期、長岡藩主堀直寄(ほりなおより)が港町の基盤を形成。新潟港は西廻航路の寄港地・蔵米の移出港として発展。日米修好通商条約により開港5港の一つに選ばれ、1868年(明治元年)日本海岸唯一の港として開港した。磐越自動車道・北陸自動車道・日本海東北自動車道と複数の国道が通じる交通の要衝。JR新潟駅は上越新幹線・信越本線の終点で、白新(はくしん)線・越後線を分岐。特定重要港湾新潟港からは小樽市・佐渡島(さどがしま)へフェリーが運航。新潟空港日本海対岸諸国への空の玄関口として、国際線も発着する。
稲作のほかに果樹・花卉(かき)栽培が盛ん。石油の輸入を背景に、信濃川河口の新潟西港周辺には石油精製・鉄鋼・パルプなどの工場や発電所が進出。工業港の新潟東港とともに県下最大の臨海重工業地帯を形成。新潟・白根仏壇、新潟漆器は国の伝統的工芸品に指定。南西部の越後七浦海岸一帯は、佐渡弥彦米山国定公園に属する景勝地。西区にある砂丘湖の佐潟(さかた)はラムサール条約の登録湿地。北区笹山に新潟競馬場がある。プロサッカーJリーグアルビレックス新潟ホームタウン。国立新潟大学新潟国際情報大学新潟薬科大学などの高等教育機関がある。新潟県立自然科学館新潟県立万代島美術館北方文化博物館、新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)などの文化施設があり、1931年(昭和6)創立の歴史あるアマチュアオーケストラ、新潟交響楽団(潟響)が知られる。
秋葉区
北区
江南区
中央区
西区
西蒲区
東区
南区

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県新潟市の関連情報