コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県新発田市 しばた〈し〉

1件 の用語解説(新潟県新発田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕新発田〈市〉(しばた〈し〉)


新潟県北部の市。
越後平野北東部に位置し、市の中央を加治川が流れる。北西部は日本海に面し、南東は飯豊(いいで)山地で、山形県に接する。2003年(平成15)7月、北蒲原(きたかんばら)郡の豊浦町を編入。2005年5月、同郡の加治川村、紫雲寺町を編入して現在の姿となる。中心地は江戸時代を通じ、溝口(みぞぐち)氏10万石の城下町として発展。JR羽越本線、日本海東北自動車道などが通じる。県北部の穀倉地帯の中心、かつ下越(かえつ)地方の商業の中心地。稲作、畜産のほか、海岸近くの砂丘地帯では野菜・葉タバコ・花卉(かき)の栽培が盛ん。漬物・和菓子などの食品加工業、酒造業が盛ん。電器・繊維・金属などの工場がある。大峰(おおみね)山の橡平(とちだいら)サクラ樹林は国指定の天然記念物。新発田城は別名「菖蒲(あやめ)城」とも呼ばれ、表門と旧二の丸隅櫓は国の重要文化財に指定されている。溝口氏下屋敷の清水園は旧新発田藩下屋敷(清水谷(しみずだに)御殿)庭園および五十公野(いじみの)御茶屋庭園として国の名勝に指定。南西部に月岡温泉が湧く。藤塚浜に、海水浴場がある。画家・詩人の蕗谷虹児(ふきやこうじ)の生誕地で、蕗谷虹児記念館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県新発田市の関連情報