コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県村上市 むらかみ〈し〉

1件 の用語解説(新潟県村上市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕村上〈市〉(むらかみ〈し〉)


新潟県北部の市。
西部は日本海に面し、南部に越後平野がある。北東部は朝日山地を隔てて山形県に接する。中心地は三面川(みおもてがわ)河口部に広がる。2008年(平成20)4月、旧・村上市と岩船郡の朝日村、荒川町、神林村、山北(さんぽく)町が合併して現在の姿となる。JR羽越本線・米坂線、日本海東北自動車道が通じる。中世を通じ、城下町として発展。1598年(慶長3)の村上氏入封が市名の由来で、臥牛山(がぎゅうさん)にある村上城跡は国指定史跡。コシヒカリの銘柄米の稲作のほか村上茶・花卉(かき)栽培が盛んで、特にクロッカスは日本有数の生産量を誇る。畜産も盛んで肉牛の村上牛が知られる。朝日山地では林業も行われる。岩船、寝屋などの漁港があり、ヒラメ・岩ガキ・タラなどを水揚げする。漆器の村上木彫堆朱(ついしゅ)は国の伝統的工芸品に指定。地酒や味噌・醤油などの醸造業、食品・電器・家具などの工業がある。岩船港から日本海に浮かぶ粟島へ定期航路がある。海府(かいふ)海岸の笹川流(ささがわながれ)は国の名勝かつ天然記念物に指定。色部(いろべ)氏の平林城跡は国の史跡。三面(みおもて)川のサケ漁が有名で、サケの博物館イヨボヤ会館がある。マタギの里で、平家の落人(おちゅうど)集落ともいわれた奥三面の集落は、奥三面ダム建設に伴い閉村となった。日本海に面し瀬波温泉が湧く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県村上市の関連情報