コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県東蒲原郡阿賀町 あが〈まち〉

1件 の用語解説(新潟県東蒲原郡阿賀町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕阿賀〈町〉(あが〈まち〉)


新潟県東部にある町。南部・東部で福島県に接し、北東端は山形県に接する。東蒲原(ひがしかんばら)郡
2005年(平成17)4月、東蒲原郡の津川町、鹿瀬町、上川村、三川村が合併して成立。町の中央を町名の由来でもある阿賀野川とその支流の常浪(とこなみ)川が流れ、北部には飯豊(いいで)山地の山々が連なる。山間部は豪雪地帯。JR磐越西(ばんえつさい)線、磐越自動車道が通じる。中心部の旧・津川町は近世には会津街道の宿場町、また阿賀野川水運の河港町として栄えた。阿賀野川の水資源を利用したダムと発電所が多数設置される電源地帯。鹿瀬地区はかつて化学工業で発展したが、四大公害病の一つ新潟水俣病の発生により衰退。稲作や野菜・キノコの栽培、畜産と山菜加工などの食品加工業、林業が行われる。阿賀野川はライン下り観光で知られ、麒麟(きりん)山温泉・角神(つのがみ)温泉・三川温泉などが湧く。室谷(むろや)洞窟・小瀬ケ沢(こせがさわ)洞窟はいずれも国の史跡に指定。5月のつがわ狐の嫁入り行列が有名。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone