コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県胎内市 たいない〈し〉

1件 の用語解説(新潟県胎内市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕胎内〈市〉(たいない〈し〉)


新潟県北部、越後平野北部にある市。
市域は東西に細長く、西は日本海に臨み、東端で山形県に接する。市内を市名の由来でもある胎内川が流れる。2005年(平成17)9月、北蒲原(きたかんばら)郡の中条町、黒川村が合併して成立。JR羽越本線が通じる。中条地区は江戸時代には宿場町、西廻り海運の寄港地として発展。昭和30年代に海岸砂丘部で天然ガスの発掘に成功し、ガス化学コンビナートを建設、化学工業都市として発展。電機・繊維などの工場が進出。農業はコシヒカリの稲作と畜産、野菜・チューリップなどの花卉(かき)・葉タバコ栽培が盛ん。胎内川の上・中流域は磐梯(ばんだい)朝日国立公園および胎内二王子(にのうじ)県立自然公園に属し、新緑や紅葉の渓谷美を楽しめる胎内渓谷が知られる。フィッシングパークやクアハウス・スキー場・ゴルフ場キャンプ場などの観光施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県胎内市の関連情報