コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県阿賀野市 あがの〈し〉

1件 の用語解説(新潟県阿賀野市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕阿賀野〈市〉(あがの〈し〉)


新潟県北東部にある市。
新潟平野の中央部に位置し、東部の五頭(ごず)連峰を背に扇状地が広がる。2004年(平成16)4月、北蒲原(きたかんばら)郡の安田町、京ヶ瀬村、水原町、笹神村が合併して成立。南西部を市名の由来でもある阿賀野川が流れる。JR羽越本線、磐越自動車道が通じる。農業は稲作のほか、野菜・花卉(かき)の近郊農業が行われ、東部山間部では林業も盛ん。酪農・畜産も行われる。電機・精密機器・セメント瓦(がわら)・繊維などの工場が操業。旧・安田町は安田瓦・庵地(あんち)焼の産地として知られる。水原の瓢(ひょう)湖は水原のハクチョウ渡来地として国の天然記念物に指定されており、ラムサール条約登録湿地ともなっている。五頭山はハイキングの好適地。山腹には出湯(でゆ)温泉・今板温泉・村杉温泉が湧き、五頭温泉郷を形成する。梅護(ばいご)寺の数珠掛(じゅずかけ)ザクラは国の天然記念物。安田フラワーガーデン、遊園地サントピアワールドなどの観光施設が整う。歴史地理学者・吉田東伍(よしだとうご)の出生地で、生家に隣接して博物記念館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県阿賀野市の関連情報