新潟県魚沼市(読み)うおぬま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕魚沼〈市〉(うおぬま〈し〉)


新潟県中南部にある市。
越後山脈と魚沼丘陵に挟まれた六日町盆地北部に位置し、東部で福島県、南部で群馬県に接する。市の中央部を魚野川が流れる。2004年(平成16)11月、北魚沼郡の堀之内町、小出町、湯之谷村、広神村、守門村・入広瀬村が合併して成立。JR上越線・只見線、関越自動車道が通じる。堀之内地区は近世には宿場町・縮(ちぢみ)の市場町として栄えた。ブランド米の魚沼コシヒカリの産地として有名。ほかに野菜・花卉(かき)栽培と酪農・畜産が行われる。山間部は豪雪地帯で奥忠見ダム、破間(あぶるま)川ダムや黒又川第一・第二ダムがあり、電源地帯となっている。金属・機械・窯業・食品などの工場が進出。奥只見湖周辺や尾瀬の景勝地は観光客に人気。市内には湯之谷温泉郷をはじめ守門温泉・寿和温泉・中子沢(ちゅうしざわ)温泉などが湧き、スキー場・キャンプ場も多い。魚野川のアユ漁の梁(やな)場が有名。歌人・宮柊二(みやしゅうじ)は堀之内の出身で、宮柊二記念館がある。民俗芸能の大の阪は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潟県魚沼市の関連情報