新珠 三千代(読み)アラタマ ミチヨ

20世紀日本人名事典の解説

新珠 三千代
アラタマ ミチヨ

昭和・平成期の女優 元・宝塚スター。



生年
昭和5(1930)年1月15日

没年
平成13(2001)年3月17日

出生地
奈良県奈良市

出身地
東京

本名
戸田 馨子

学歴〔年〕
宝塚音楽歌劇学校〔昭和20年〕卒

主な受賞名〔年〕
宝塚歌劇団年度賞主演演技賞〔昭和28年〕,ブルーリボン賞助演女優賞〔昭和34年〕,キネマ旬報賞女優賞〔昭和34年〕,毎日映画コンクール女優助演賞〔昭和36年〕,菊田一夫演劇賞(第16回)〔平成3年〕「細雪」

経歴
昭和18年13歳のとき女学校を中退し、宝塚音楽歌劇学校に入学。20年宝塚歌劇団に入団。21年「グラナダの薔薇」で初舞台。のち「ハムレット」のオフィーリア、「ひめゆりの塔」の恵子役などを演じ、代表的娘役スターとして活躍。26年「袴だれ保輔」で映画デビュー。30年宝塚を退団。日活に入り「花のゆくえ」に主演して本格的に映画女優に転じる。清楚な美しさと上品なお色気でたちまち人気スターとなり、月丘夢路、北原三枝と並ぶ日活の看板スターとして「風船」「洲崎パラダイス・赤信号」などに出演。32年東宝に移籍。他の映画の代表作に「女殺し油地獄」「人間の条件」「人間革命」、〈社長シリーズ〉など。シリアスからコミカルなもの、善人から悪女まで演じ分ける演技派女優として数多くの映画に出演した。40年以降はテレビや舞台で活躍し、出演作にテレビ「氷点」「細うで繁盛記」「女の暦」、舞台「細雪」「お市と三姉妹」「千姫様」などがある。平成12年東京・銀座で朗読会に出演。芸名は夏目漱石の小説「それから」のヒロイン、三千代から取った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

新珠 三千代
アラタマ ミチヨ


職業
女優

肩書
宝塚スター

本名
戸田 馨子

生年月日
昭和5年 1月15日

出生地
奈良県 奈良市

出身地
東京都

学歴
宝塚音楽歌劇学校〔昭和20年〕卒

経歴
昭和18年13歳のとき女学校を中退し、宝塚音楽歌劇学校に入学。20年宝塚歌劇団に入団。21年「グラナダの薔薇」で初舞台。のち「ハムレット」のオフィーリア、「ひめゆりの塔」の恵子役などを演じ、代表的娘役スターとして活躍。26年「袴だれ保輔」で映画デビュー。30年宝塚を退団。日活に入り「花のゆくえ」に主演して本格的に映画女優に転じる。清楚な美しさと上品なお色気でたちまち人気スターとなり、月丘夢路、北原三枝と並ぶ日活の看板スターとして「風船」「洲崎パラダイス・赤信号」などに出演。32年東宝に移籍。他の映画の代表作に「女殺し油地獄」「人間の条件」「人間革命」、〈社長シリーズ〉など。シリアスからコミカルなもの、善人から悪女まで演じ分ける演技派女優として数多くの映画に出演した。40年以降はテレビや舞台で活躍し、出演作にテレビ「氷点」「細うで繁盛記」「女の暦」、舞台「細雪」「お市と三姉妹」「千姫様」などがある。平成12年東京・銀座で朗読会に出演。芸名は夏目漱石の小説「それから」のヒロイン、三千代から取った。

受賞
宝塚歌劇団年度賞主演演技賞〔昭和28年〕,ブルーリボン賞助演女優賞〔昭和34年〕,キネマ旬報賞女優賞〔昭和34年〕,菊田一夫演劇賞(第16回)〔平成3年〕「細雪」 毎日映画コンクール女優助演賞〔昭和36年〕

没年月日
平成13年 3月17日 (2001年)

家族
妹=桂 典子(女優)

伝記
我もまた渚を枕―東京近郊ひとり旅君美わしく―戦後日本映画女優讃 川本 三郎 著川本 三郎 著(発行元 晶文社文芸春秋 ’04’00発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

新珠 三千代 (あらたま みちよ)

生年月日:1930年1月15日
昭和時代;平成時代の女優
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android