コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生イラクの選挙

1件 の用語解説(新生イラクの選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新生イラクの選挙

03年のイラク戦争と旧フセイン政権崩壊を受け、05年1月に初の自由選挙となる国民議会選挙と地方選挙が実施されたが、スンニ派の多くは投票に参加しなかった。同年10月に新憲法案が国民投票で承認され、12月にはスンニ派も参加して新憲法に基づく国民議会選挙を実施。この結果、第1党となったシーア派会派・統一イラク連合(UIC)のマリキ氏を首相とする現政府が06年5月に発足した。

(2009-02-06 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新生イラクの選挙の関連キーワードイランイラク戦争SCIRIイラクとシリアイラクの宗派対立イラクの民族・宗派イラク戦費クルド人虐殺クルド地域政府国とイラク戦争イラク戦争と日本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone