コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児集中治療室(NICU)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新生児集中治療室(NICU)

早産などによる低体重児や先天性の重い病気を持つ新生児を受け入れ、専門医療を24時間体制で行う。保育器人工呼吸器、心拍や呼吸の監視装置の常備と、新生児専門医師の常勤、当直医の専従、患者3人に対して看護師1人以上などの条件が厚生労働省の施設基準などで定められている。県内には5病院計42床あり、2009年度は計703人が入隠同省研究班はNICUでの治療が必要な新生児は年間約3万6千人(約30人に1人)と推計する。

(2011-03-05 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

新生児集中治療室(NICU)

生まれつき重い病気を持っていたり、小さく生まれたりした新生児を24時間態勢で救命治療、看護する。医療の進歩などにより低体重で生まれた子どもが救われるケースは増えている。

(2013-06-25 朝日新聞 朝刊 愛知全県 地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

新生児集中治療室(NICU)の関連キーワード慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意奈良県立医大病院周産期センター総合周産期母子医療センター周産期医療情報ネットワーク周産期母子医療センター看護師不足でベッド削減お産と新生児医療の体制新生児ドクターカー未熟児の育て方周産期医療施設カンガルーケア早期母子接触未熟児保育危急新生児周産期医療タッチケア新生児病床発達ケア前期破水未熟児

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新生児集中治療室(NICU)の関連情報