コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新科学論議 しんかがくろんぎ

1件 の用語解説(新科学論議の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しんかがくろんぎ【新科学論議】

科学書。1638年刊。ガリレイ著。正式には「機械学および位置運動に関する二つの新しい科学についての論議と数学的証明」という。アリストテレス哲学に通じた学者と新しい科学者および市民の対話という形式を用いて、従来の誤りを正し近代科学創始の基礎をつくった物理学書。新科学対話。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

新科学論議の関連キーワード真珠庵鷹筑波集新科学対話田尻なんきん契約アンペアの変更天草四郎板倉重昌烏丸光広コリャード金剛山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone