コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新穂[村] にいぼ

1件 の用語解説(新穂[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にいぼ【新穂[村]】

新潟県,佐渡島東部にある佐渡郡の村。人口4778(1995)。西部は国中平野の穀倉地,東部は小佐渡丘陵にあたる純農村である。トキ(特天)の生息地として知られたが,野生のトキは1982年までにすべて村内のトキ保護センターに収容された。佐渡宝生流家元の本間家があり,能の盛んな村で,村内の各神社には能舞台が設けられている。〈鬼太鼓(おんでこ)〉は雄壮な太鼓の音に合わせて踊る獅子舞で,宝生流能舞がとり入れられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新穂[村]の関連キーワード加茂湖国中平野佐渡鉱山尖閣湾ドンデン山真野両津佐渡汽船佐渡佐渡おけさ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone