コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新聞紙等掲載制限令 しんぶんしとうけいさいせいげんれい

世界大百科事典 第2版の解説

しんぶんしとうけいさいせいげんれい【新聞紙等掲載制限令】

国家総動員法に基づき,新聞紙等への記事掲載の制限を規定した勅令。1941年(昭和16)1月11日公布(即日施行)。いわゆる総動員勅令の一つ。国家総動員法は第20条第1項で,政府は〈国家総動員上必要アルトキ〉は勅令で記事掲載の制限または禁止を行うことができると定めていた。これを受けて制定されたもの。全5条から成り,中心は第3条で,内閣総理大臣は外交,財政経済政策の遂行,その他国策遂行等に重大な支障を生ずるおそれのある事項,および外国に秘匿を要する事項等の記事掲載をあらかじめ制限または禁止できることとされ,これに違反した新聞紙等に対する発売頒布禁止,差押え等の行政処分が第4条に規定されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

新聞紙等掲載制限令の関連キーワード言論・出版・集会・結社等臨時取締法新聞事業令言論統制発禁

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android