コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新華僑と老華僑

1件 の用語解説(新華僑と老華僑の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新華僑と老華僑

中国が改革・開放政策にカジを切った70年代後半以降、海外に出た中国人を新華僑と呼ぶ。それ以前から国外で活動する中国人やその子孫は老華僑と呼ばれる。横浜や神戸で中華街を作り、飲食店や貿易業を営む人が多い。法務省統計では、外国人登録をした在日中国人はここ20年で4倍以上に増え、06年で約56万人にのぼる。

(2007-09-27 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新華僑と老華僑の関連キーワード門戸開放政策市場開放政策思い切った改革開放切掛ける官倒新華僑「黄」の政策ベトナム共産党と改革開放政策北朝鮮の過去の開放政策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone