コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新規求人倍率

1件 の用語解説(新規求人倍率の意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

新規求人倍率

新規求人倍率とは、1人あたりの求職者に対して
どれだけの求人数があるのかを示す指標として用いられる言葉。

新規求人倍率」とは、全国の公共職業安定所(ハローワーク)で、
当月に受け付けられた新規求人数と、同じく全国の公共職業安定所(ハローワーク)で
当月に求職者登録を行った新規求職者数から算出されます。

一方で「有効求人倍率」とは、
同じく新規求人数に前月から繰り越された求人数を加えた有効求人数と、
新規求職者数に前月から繰り越された求職者数を加えた有効求職者数から算出されます。

求人倍率は国内の景気判断を行う際の重要な指標としても用いられています。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新規求人倍率の関連キーワード求人倍率有効求人倍率求職求職申込書採用通知給付金無料職業紹介失業率と有効求人倍率県内の雇用情勢県内の高卒予定者の求人状況

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新規求人倍率の関連情報