コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新規求人倍率

1件 の用語解説(新規求人倍率の意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

新規求人倍率

新規求人倍率とは、1人あたりの求職者に対して
どれだけの求人数があるのかを示す指標として用いられる言葉。

新規求人倍率」とは、全国の公共職業安定所(ハローワーク)で、
当月に受け付けられた新規求人数と、同じく全国の公共職業安定所(ハローワーク)で
当月に求職者登録を行った新規求職者数から算出されます。

一方で「有効求人倍率」とは、
同じく新規求人数に前月から繰り越された求人数を加えた有効求人数と、
新規求職者数に前月から繰り越された求職者数を加えた有効求職者数から算出されます。

求人倍率は国内の景気判断を行う際の重要な指標としても用いられています。

出典|転職.jp
ビジネス用語集について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新規求人倍率の関連情報