コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新電力(PPS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新電力(PPS)

工場の余剰電力を活用したり自家発電したりして、電気を安価に供給する電力業界への新規参入事業者。2000年の規制緩和で、大口向けの電力小売りが自由化されたことで登場。4月1日現在、全国に81社ある。契約相手には大手電力会社の送電網を使って電力を供給するが、全国の販売電力量に占める新電力のシェアは3.5%程度。PPSはPowerProducerandSupplierの略。

(2013-05-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

新電力(PPS)の関連キーワード日本生活協同組合連合会電力の小売り全面自由化電力広域的運営推進機関原発事故の費用と対応特定規模電気事業者原発事故費用と対応小売電気事業者松永安左エ門ガス自由化エナリス公営電気

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android