コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方巌祖永 ほうがん そえい

美術人名辞典の解説

方巌祖永

江戸後期の臨済宗の僧。筑前生。姓は笠原、別字に曇熙、自在庵・売茶翁・通仙・梅谷等と号する。20才で出家、京都の妙心寺、鎌倉の円覚寺等に参禅、晩年は三河の八橋山無量寺に入り、その復興に力を尽した。博学多技、詩歌を嗜み、書画を能くし、煎茶道にも通じていた。高遊外(売茶翁)の遺風を慕い、自らも売茶翁と号す。紀州徳川治憲侯の帰敬を受け、通僊翁の三字書を贈られた。文政11年(1828)寂、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android