コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日ロ領土の変遷

1件 の用語解説(日ロ領土の変遷の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日ロ領土の変遷

クリル諸島は1855年の日露通好条約で、国後、択捉、歯舞、色丹の4島が日本領、ウルップ島から北のパラムシル島を含む18島がロシア領と決まった。1875年には千島・樺太交換条約が結ばれ、帰属が未定だったサハリンをロシア領とする代わりに、北クリル18島も日本領になった。1905年には日露戦争での日本の勝利を受け、ポーツマス条約でサハリン南部が日本に割譲された。だが、1945年にソ連は全クリル諸島とサハリン南部を占領し、今日に至る。

(2012-12-24 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日ロ領土の変遷の関連キーワード大アンティル諸島北方領土の日アクリルアクリルゴムグアドループ日露通好条約ハワール諸島クリル[列島]樺太・千島交換条約日露修好条約

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone