コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日乗(1) にちじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日乗(1) にちじょう

1648-1703 江戸時代前期の僧。
慶安元年生まれ。日蓮宗。京都深草の元政に師事し,徳川光圀(みつくに)の招きで常陸(ひたち)(茨城県)久昌寺の住持となる。元禄(げんろく)4年から死の直前までしるした「日乗上人日記」は,光圀の実生活や当時の世相,生活を知る好史料である。元禄16年6月7日死去。56歳。号は皆如院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日乗(1)の関連キーワードムスタファ2世信仰復興運動ギュイヨンフロンドの乱大石良雄小野寺十内アソル(伯・侯・公家)アルンシュタット竹本座近松門左衛門

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android