コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日乗(1) にちじょう

1件 の用語解説(日乗(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日乗(1) にちじょう

1648-1703 江戸時代前期の僧。
慶安元年生まれ。日蓮宗。京都深草の元政に師事し,徳川光圀(みつくに)の招きで常陸(ひたち)(茨城県)久昌寺の住持となる。元禄(げんろく)4年から死の直前までしるした「日乗上人日記」は,光圀の実生活や当時の世相,生活を知る好史料である。元禄16年6月7日死去。56歳。号は皆如院。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日乗(1)の関連キーワードフロンドの乱小野寺十内竹本座八橋検校バッハ家亮貞甘縄藩ルナンル・ナン[兄弟]シケイラ・デ・ソウザ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone