コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日傘(ひがさ)効果 ひがさこうかumbrella effect

知恵蔵の解説

日傘(ひがさ)効果

大気中を浮遊する火山灰、塵、黄砂などの微粒子(エアロゾル)や雲が日射を遮って、地上気温を低下させる現象で、異常気象の原因の1つ。1991年6月のフィリピンのピナトゥボ火山の噴火は、噴煙の高さが35kmまで達し、8カ月後、日本の直達日射量が平年より約18%減少した。93年の大冷夏はこれが原因との説もある。大気中にレーザー光を発射し、反射する光を捕らえて、エアロゾルの鉛直分布や形状を測る装置がエアロゾル・ライダー(aerosol lidar)。岩手県大船渡市綾里で気象庁が連続観測している。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

日傘(ひがさ)効果の関連キーワード日傘効果

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android