コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光社寺文化財保存会

1件 の用語解説(日光社寺文化財保存会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日光社寺文化財保存会

1970(昭和45)年に2社1寺の共同出資で設立された財団法人。2社1寺の境内の一角に事務所を置き、19人の職員がいる。明治維新で存続が危ぶまれた2社1寺の文化財を保護しようと、県内有志が1879(明治12)年に組織した保晃会(ほこうかい)が前身。文化庁によると、こうした特定の寺社や文化財を専門的に保存・修理に当たっている組織は全国でもまれだという。

(2009-12-23 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日光社寺文化財保存会の関連キーワード奥大節共同出資漁業組合共同施設税共同出荷第3セクター中原延平共同出願

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日光社寺文化財保存会の関連情報