日出セメント工場(読み)ひのでせめんとこうじょう

世界大百科事典内の日出セメント工場の言及

【青森[県]】より

…民謡でも津軽地方には《弥三郎節》や《十三の砂山》など稲作に関するものが多い。
[農業県としての体質]
 南部地方では,大正以降八戸市南方を流れる新井田川支流の蟹沢川,松館川流域の石灰岩と北海道の石炭が結びつき,1919年に八戸に日出セメント工場(現,住友大阪セメント)が設立されて,工業化が始まった。37年には八戸市北部海岸の浜砂鉄を利用して日本砂鉄鋼業が進出し,金属精錬工場や化学工業などが立地していった。…

※「日出セメント工場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android