コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日大練馬光が丘病院の撤退

1件 の用語解説(日大練馬光が丘病院の撤退の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日大練馬光が丘病院の撤退

同病院は2次救急医療機関に指定。2010年度は休日や平日夜間に8310人の子どもを受け入れた。昨年7月、日大が不採算部門の赤字を理由に撤退を表明。練馬区によると新病院は342床を維持するが、常勤医師は65人、小児科は9人で、従来の122人、19人を下回る。一部の診療科で常勤医を確保できなかった。

(2012-04-01 朝日新聞 朝刊 首都4県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日大練馬光が丘病院の撤退の関連キーワード感染症指定医療機関救急医療と輪番制度救急医療体制救急医療の現状二次保健医療圏と二次救急救急告示医療機関県内の救急医療救急告示の医療機関小山市民病院県南西部4市域の小児救急医療態勢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone