コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日弁連会長選

1件 の用語解説(日弁連会長選の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日弁連会長選

日弁連は全国52の弁護士会で構成され、2年に1度の会長選は全弁護士が投票権を持つ。長らく、会員数が多い東京の3弁護士会と大阪の会長経験者が回り持ち立候補し、主流派閥をまとめて当選してきたが、前回は無派閥の宇都宮氏が主流派閥が推す候補を破った。当選には全国52弁護士会の3分の1以上で勝者となる必要があり、4人の票が割れると、再投票になる可能性もある。

(2012-02-09 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日弁連会長選の関連キーワード日弁連日本弁護士連合会弁護士会公設による弁護士事務所ひまわり基金法律事務所日本弁護士連合会の会長選塚崎直義中田正子宇都宮健児北山六郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日弁連会長選の関連情報