コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日暮らし・日暮し ひぐらし

大辞林 第三版の解説

ひぐらし【日暮らし・日暮し】

〔古くは「ひくらし」。一日を暮らす意〕 一日中。終日。朝から晩まで。副詞的にも用いる。 「暮れがたき夏の-ながむればそのこととなく物ぞ悲しき/伊勢 45」 「つれづれなるままに-硯に向ひて/徒然
江戸初期の上方で、「日暮ひぐらし」を姓のように名乗って、念仏踊り・浄瑠璃・説経などの詞章を謡いながら門付かどづけをしてまわったもの。日暮小太夫・日暮八太夫・日暮林清など知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日暮らし・日暮しの関連キーワード日暮小太夫日暮林清念仏踊り浄瑠璃説経詞章

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android