コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本=ビルマ賠償協定 にほん=ビルマばいしょうきょうてい

1件 の用語解説(日本=ビルマ賠償協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本=ビルマ賠償協定
にほん=ビルマばいしょうきょうてい

第2次世界大戦後,日本がビルマ (現ミャンマー) に対し賠償支払いおよび経済協力をすることを取決めた協定。日本=ビルマ平和条約と同じ 1954年 11月5日署名,翌 55年4月 16日発効。これに基づき,日本は 65年4月 15日までの 10年間に,総額2億ドルの生産物および役務を賠償として供与した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本=ビルマ賠償協定の関連キーワードセイム世界大戦泰緬鉄道福祉社会サローBIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)ヤンゴンの第二次世界大戦被災者墓地《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone