コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本での住民投票

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本での住民投票

大規模事業など個別の案件をテーマにする場合は、自治体条例を制定して実施される場合が多い。1996年に新潟県巻町(当時)で原発建設の是非を問うたものや、2000年に徳島市吉野川可動堰(ぜき)がテーマに実施されたものが知られる。条例制定は、有権者数の50分の1以上の署名を集めれば市民が直接請求できるが、制定には議会の議決が必要だ。一定以上の署名が集まれば議決を経ずに投票が実現する「実施必至型」の条例がある自治体も出てきたが、数は少ない。国民投票法はテーマが憲法改正に限定されている。

(2014-09-19 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android