コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本で敗戦を迎えたドイツ人

1件 の用語解説(日本で敗戦を迎えたドイツ人の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本で敗戦を迎えたドイツ人

ドイツ商人は江戸時代末に来日。1900年代初めから滞日家族が増え、横浜や神戸にドイツ学校が設けられた。戦時下、日本在住者は推定約3千人。このうち約600人はインドネシアから帰国途中、日本で敗戦を迎えた「蘭印婦人」とその子ら。戦時下は主に軽井沢、箱根、河口湖畔、六甲山周辺に居住。日本政府から食料が支給されたほか、ドイツの仮装巡洋艦が連合国側の商船から奪った物品も「特別配給」された。47年2月、第1陣が米軍輸送船「マリンジャンパー」で、同8月に第2陣が同「ジェネラル・ブラック」で帰国。日本にとどまったのは、古くからの滞日者やユダヤ系ドイツ人ら700~800人とされる。

(2013-08-25 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本で敗戦を迎えたドイツ人の関連キーワード方西園西ドイツ東ドイツ五箇所商人ドイツ鯉買問屋統一ドイツザイツジーモン普通ドイツ商法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone