日本で敗戦を迎えたドイツ人

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ドイツ商人は江戸時代末に来日。1900年代初めから滞日家族が増え、横浜や神戸にドイツ学校が設けられた。戦時下、日本在住者は推定約3千人。このうち約600人はインドネシアから帰国途中、日本で敗戦を迎えた「蘭印婦人」とその子ら。戦時下は主に軽井沢箱根、河口湖畔、六甲山周辺に居住。日本政府から食料が支給されたほか、ドイツの仮装巡洋艦が連合国側の商船から奪った物品も「特別配給」された。47年2月、第1陣が米軍輸送船「マリン・ジャンパー」で、同8月に第2陣が同「ジェネラル・ブラック」で帰国。日本にとどまったのは、古くからの滞日者やユダヤ系ドイツ人ら700~800人とされる。

(2013-08-25 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android