日本のろう教育と手話

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本のろう教育と手話

1880年のろう教育国際会議で、手話よりも口話法が優れていると決議され、日本のろう学校でも口話法が主流になった。手話は日本語習得の妨げになるとして、多くの学校で禁止された。1990年代に見直し機運が高まり、国も多様なコミュニケーション手段のひとつとして手話を位置づけた。国際的には06年、国連障害者権利条約が「手話は言語」と明記した。

(2011-03-03 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android