コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本のサンゴ漁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本のサンゴ漁

水深100メートルより深い海にあるアカサンゴモモイロサンゴシロサンゴなどの硬質サンゴが漁の対象。江戸時代後期、高知県沖でサンゴが見つかり、明治時代から漁が本格化した。ロープの先に丸石と網を付けた漁具を海底に滑らせ、サンゴを石で折って網で採る。最近はカメラ付き潜水艇で採取する方法もある。

(2012-02-01 朝日新聞 朝刊 長崎・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本のサンゴ漁の関連キーワードナタリー コーグリンマイケル フェルプスマイケル フェルプス期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンリスベス トリケットダラ トーレスジェイソン レザックマーリーン オッティ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android