コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の反核運動

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の反核運動

1954年3月、ビキニ環礁での米国による水爆実験で日本の漁船が被曝(ひばく)した「第五福竜丸事件」で、東京の主婦らが始めた原水爆禁止の署名運動が始まり。広島、長崎の原爆被爆者の苦しみも知られるようになり、55年9月、原水協が発足した。その後、運動の左翼化を批判して旧同盟系の核禁会議ができ、さらに旧ソ連の核実験を容認する共産党の姿勢を批判し、旧社会党・総評系の人たちが原水禁を結成した。

(2011-07-29 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の反核運動の関連キーワードビキニ環礁水爆実験

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本の反核運動の関連情報