コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の国家公務員制度と天下り

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の国家公務員制度と天下り

06年1月現在、国家公務員のうち自衛官などを除いた一般職は30万1719人いる。このうち「キャリア官僚」と呼ばれる1種採用は1万5098人。各省審議官や局長級以上の幹部のほとんどを1種採用者が占めている。一方、各省の課長、審議官、局長などのポストは限られ、同期の中でポストに就けなかった人は各省から公益法人や民間企業といった再就職先を用意してもらい、「肩たたき」されて退職する。最後には同期入省組から事務次官1人が残るというピラミッド型の人事制度で、「世界的にも独特の慣例」(人事泳とされている。

(2007-04-14 朝日新聞 朝刊 政治)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android