コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の地熱発電

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の地熱発電

地下1500~3千メートルから高温高圧の熱水を取り出し、蒸気タービンを回して発電する。国内に17カ所あり、出力は計約52万キロワット。東北と九州に集中している。最大は大分県の八丁原発電所(11万キロワット)。資源量は原発20基分以上あるが、現在の設備量は1基の半分で、発電量は全体の1%以下。

(2013-08-28 朝日新聞 夕刊 環境)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の地熱発電の関連キーワードバーナード ラガトシャニー デービスグラント ハケットエルベン ベンネマルスグラント ハケットシンディ クラッセンアスベル キプロプイレイン ブストデニー モリソン孫 楊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本の地熱発電の関連情報