コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の弾道ミサイル防衛(BMD)

1件 の用語解説(日本の弾道ミサイル防衛(BMD)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の弾道ミサイル防衛(BMD)

03年12月に米国からの導入を閣議決定。大気圏外を飛ぶ弾道ミサイルイージス艦の海上配備型迎撃ミサイルSM3が迎撃、落下最終段階の高度十数キロ上空で地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)が再迎撃する2段階システム。入間基地(埼玉県)などに配備されたPAC3の防護範囲は半径約20キロとされ、現在は首都圏など一部エリアを守る計画となっている。

(2008-09-18 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の弾道ミサイル防衛(BMD)の関連キーワード議決閣議決定閣議決定形式国民保護計画持回り閣議医学部成田空港の閣議決定と基本計画予算編成の流れPAC3の導入計画米国の弾道ミサイル防衛(BMD)戦略

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone