コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の捕虜政策

1件 の用語解説(日本の捕虜政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の捕虜政策

戦時中、日本軍の占領地域で捕らえられた米、英、オランダ、豪州などの連合軍兵士は国内外の収容所に送られた。国内では函館、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡を拠点に捕虜収容所が開設され、各地に分所や分遣所が置かれた。当時、日本は批准はしていなかったものの、規定を準用するとしたジュネーブ条約では、捕虜の強制労働は禁じられたが、日本は炭鉱や工場での労働を強いた。

(2014-01-29 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の捕虜政策の関連キーワード慰安婦エロア資金漢奸兵補拘囚皇民化教育莫古大後方占領地域経済復興資金占領地域統治救済資金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本の捕虜政策の関連情報