コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の石油開発

1件 の用語解説(日本の石油開発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の石油開発

戦後は経済成長による石油の需要増とともに、海外での開発の動きが強まった。1960年にアラビア石油(東京)が発見した、サウジアラビアクウェートにまたがるカフジ油田は、同社が03年まで権益を持ち続けた。67年には自主開発を進めるため、国策として事業に出資する石油開発公団(現在の「石油天然ガス金属鉱物資源機構」)が設立された。今はロシア極東部のサハリン沖やインドネシア沖など、世界各地で日本企業が開発に参加している。

(2011-10-20 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone