コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の裁判員の選任

1件 の用語解説(日本の裁判員の選任の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の裁判員の選任

最高裁は昨年11月末、今年1年間に裁判員を務めることになる可能性のある候補者約29万5千人に通知を発送した。5月21日以降に起訴された対象事件について、事件ごとに数十人の候補者に呼び出し状が届く。最終的に裁判員を選ぶくじの前に、検拶弁護側はそれぞれ4人まで理由を示さず外すこと(忌避)ができる。裁判官の判断で選ばないこともできる。国会議員自治体の首長、警察官弁護士などは裁判員になれない。候補者でも、70歳以上の人や学生、重い病気やけがの人は辞退が認められる。また、妊娠中や出産直後の人、同居する家族の介護・育児をしなければならない人、自分が仕事を処理しないと大きな損害が出そうな場合や、家族の結婚式などの用事がある場合も辞退できる。

(2009-01-10 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の裁判員の選任の関連キーワード最高裁最高裁判所裁判官裁判員裁判の審理日数裁判員選任率裁判員候補者への通知裁判員経験者へのアンケート音声認識システム島田仁郎竹崎博允町田顕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone