コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の解雇の仕組みと有期雇用

1件 の用語解説(日本の解雇の仕組みと有期雇用の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本の解雇の仕組みと有期雇用

正社員の解雇には長く法規制がなく「客観的に合理的な理由がなければ無効」との判例で対処してきたが、03年の労働基準法改正でこの判例を取り込んで明文化した。有期雇用(パートアルバイト、契約、派遣社員など)の上限は原則3年。繰り返し更新して実質的に正社員と変わらない人を更新拒否すると解雇とみなす判例がある。

(2006-04-17 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone